塾や大手家庭教師との違い

近年、教育に対する意識の高まりにつれ、さまざまなスタイルの塾や家庭教師が増えてきました。

これに伴い、より子供に合った学習スタイルを選択することが、理想の結果へと導いてくれます。

どのような学習塾や家庭教師があるのか、その特徴を理解することはとても大切です。

 

※右にスクロール→

東京家庭教師1対1~3の個別塾集団塾家庭教師のT家庭教師のA
授業スタイル生徒の性格・課題・目標を踏まえて、相性の良い講師が指導。主に大学生講師が生徒の横で、もしくは巡回しながら指導。学校の授業と同じ。ご家庭のご要望に合った、大学生講師が主に指導。ご家庭のご要望に合った、大学生講師が指導。
特徴毎回授業の進捗確認を、保護者・生徒・先生の3人で行う。講師の質により、授業内容/効果が大きく変わる。学校と同じ。家庭教師業界の中でも、多くの講師が登録している。授業料を安く設定しているが、教材費がかなり高い。
メリット柔軟な授業内容/回数の調整が可能。

いつでもだれでも質問がしやすい、授業環境。

プロ講師による勉強管理と進路相談。

大学生と友達感覚で授業ができる。比較的に費用が安い。

勉強をする機会を作ることができる。

学校のように友達がいれば、通塾意欲が高まる。

大手ならではのサポートがある場合も。

○○卒の講師を見つけやすい。

 

授業料だけを見ると安い。
デメリット自習室がない。高い授業料。

理解していないことを自分から伝えないと、勉強効率が悪くなる。

生徒の授業内容を保護者が把握しにくい。

自分から質問ができないと、いつまでたっても分からないまま。

生徒の授業内容を保護者が把握しにくい

自習室がない。

講師が多いため、その質の差が激しい。

もともと高い授業料だが、社会人/プロ講師にお願いするとさらに高くなる。

自習室がない。

教材費がかなり高い。

おすすめの生徒像自分から質問ができない。

勉強の仕方が分からない/勉強の計画が立てられない。

効率よく成績を上げたい。

学習意欲があり、もう少し成績を上げたい。

テストや成績で平均以上にいる。

学習意欲があり、自分から分からないことを聞くことができる。

テストや成績で上位にいる。

○○卒の講師に指導してほしい。

授業料が高くても気にしない。

教材費が高くても気にしない。

 

>「今」だけではなく、「将来」を見据えた家庭教師

「今」だけではなく、「将来」を見据えた家庭教師

学校の補習や試験勉強・受験勉強をただサポートするだけではなく、将来成長したときにも活かすことができる、そんな教育をモットーに指導。
目の前のゴールを達成しつつ、未来への糧にもなる教育。学生にとってこれこそが、多様化している現代社会を生き抜くために必要な経験です。
そのためにはまず、子供の現状をしっかりと理解することから始めてみてはいかがでしょうか?
無料相談も随時受け付けております。

CTR IMG