家庭教師のおすすめ授業時間

家庭教師は週何回?何時間するほうがいいの?

このような疑問をお持ちの方は非常に多いです。

教育費は抑えたいけど、授業数が周りの子と比べて少ないのは不安・・・

このような疑問にお答えすべく、今回はおすすめの授業時間についてお伝えしたいと思います。

ここで気を付けてほしいことが、授業の流れを理解することです。

塾や家庭教師の面談で提示された授業時間を、おすすめだからと言われ鵜吞みにしたことがありませんか?

なぜその授業時間が必要なのか?

それは、どのような授業構成でどのように授業を進めていくのか、理解しなければ納得もできません。

そのような授業の流れもご紹介しているので、少し長くはなりますがぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 理想は「週2回の90分」

 

先に結論だけ言いますと、週2回の90分が最もコスパのいい選択だと言えます。

 

  • 週2回なら複数教科の対策も可能
  • 90分なら予習と復習が丁度良くできる
  • 授業間隔が空き過ぎず、モチベーションが保てる
  • 集中力が無理なく続く
  • 授業料金が塾と同じかむしろ安い

 

これらが「週2回90分授業」のメリットです。

テスト期間中などではない、通常時でしたらこれで十分です。

では肝心な授業の流れについても見てみましょう!

 

 授業の流れ

 

授業は基本的に4ブロックに分かれています。

 

  1. 前回の復習(20分)
  2. メインの授業(50分)
  3. 授業の確認(20分)
  4. 授業の報告(授業後)

 

では一つずつご説明しますね。

 

①・・・宿題の確認とコミュニケーションの時間

宿題で間違っていたところや、苦手なところを改めて確認します。

理解が甘い部分はもう一度確認し、反復することで知識の定着を図ります。

ここで大事なのが生徒とのコミュニケーションです。

急に授業!とするのではなく、まずは会話をしながらリラックスさせることで、メインの授業で集中しやすい環境を作ります。

さらには、学校の様子やちょっとした悩みなど、親には話しにくいようなことも聞くことができます。

生徒との信頼関係は授業効率に直結するので、生徒一人一人しっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。

 

②・・・メインの授業

学校の補習や予習など、生徒によって様々です。

一番集中してほしいところを50分にすることで、無理なく自分の実力を発揮することができます。

人間の集中力は45分~60分が限界だそうです。

学校の授業が45分前後なのは、こういった理由があるんですね。

きちんと導けばどんな子でも集中して授業を受けてくれます。

体感的に50分は、あっという間に過ぎてしまうことがほとんどです。

 

③・・・今日の授業の確認

授業中はできていたことも、改めて確認するとできないことが多々あります。

一緒にするのと一人でするのには、大きな違いがあるんですね。

本当に一人でも問題を解くことができるのか、確認は必須です。

できないところを宿題にしてしまうと、分からないか答えを見るかのどちらかです。

今日進めた授業に理解は追いついているのか、最後に改めて確認をします。

授業が終われば、生徒によっては軽く雑談をはさみ、次回へのモチベーションを維持します。

 

④・・・親御さんに授業内容の報告

今日はどんなことを勉強したのか、宿題は何なのか、次回の授業予定、学校の様子など

授業で行ったことを、親御さんと共有します。

共有することで、授業内容に間違いがないか確認をすることができます。

授業に対するご要望や不明点も伺うことができるので、双方納得して今後の授業を進めることができます。

その後ラインにて改めて授業報告を行いますので、その場では言いにくいことがあるときも安心です。

 

 最初は「週1回の60分」でもOK

 

家庭教師が初めての方は、不安なことが多いと思います。

そんなときは、「週1回60分授業」で始められる方が多いです。

塾や他の家庭教師と違い、入会金や退会手数料を頂いていないので、

「とりあえず1か月だけ」や「テスト期間中だけ」のご利用も大歓迎です。

週1回60分授業」で始められた方の多くは、続けていくうちに自然と「週2回90分授業」に変わることが多いです。

コスパがいいのが「週2回90分授業」というだけなので、そのまま継続していただいても授業回数や時間だけを増やしていただいても、全く問題ございません。

 

 忙しい子は「週1回の120分」で集中的に

 

習い事や部活で忙しい子は、回数を減らし1回で集中的に取り組みましょう。

メリットは何と言っても、予定の立てやすさです。

習い事や部活で忙しいと、週2回以上は時間が取れなかったり遅い時間になったりします。

無理に授業数を増やしてしまうと、集中力が散漫になりせっかくの授業が無駄になりかねません。

そんなときは、1回の授業で集中的に頑張りましょう!

授業の間で小休止を取り、小学生でも最後まで勉強に取り掛かれるように工夫をしています。

生徒の中には2時間があっという間だったと言ってくれる子が多いですよ。

またテストや試験前だけ120分にすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

 やる気がない子は回数を増やそう

 

どうしても勉強に集中できない!

親が言っても宿題を全然やらない!

そんな子は、時間ではなく回数を増やして勉強習慣を身に付けていきましょう。

やる気がないと授業内容をすぐに忘れてしまいがちです。

せっかく授業を頑張ったのに、1週間後には全て忘れていることもざらにあります。

授業時間は短くても、授業回数を増やすことでそれを防ぐことができます。

オンライン授業も行っていますので、隙間時間で勉強をする習慣を身に付けていきましょう!

 

 まとめ

 

週2回90分授業」が最もコスパのいい授業時間ですが、自身のスケジュールや能力・目標に合わせて柔軟に変化させていきましょう。

無料相談にて、その生徒と親御さんのご要望に合った授業時間を提案させていただいております。

実際に無料体験授業を受けてみてから、決めていただいても大丈夫です。

まずはぜひ一度、ご相談ください。

 


 

ライン追加

 

 

>江東区・中央区の家庭教師

江東区・中央区の家庭教師

江東区・中央区を中心に、都内で家庭教師を行っています。
豊洲近辺なら交通費は無料!
授業料だけで指導可能です。

アメリカの大学生活と都内でのプロ塾講師の経験を活かし、生徒の可能性を引き出します。
自由な考え方で、勉強を楽しみましょう!

このサイトでは
生徒の授業風景、勉強方法、日々の出来事、 etc...
たくさんの情報を発信しているので、ぜひチェックしてみてください!

CTR IMG